2010年01月19日

Citrix NetScalerのZabbix用テンプレート作りました

前回に引き続き、NetScalerをZabbix&SNMPで監視するテンプレートを作りました。
NetScaler自体、L7スイッチという事もあり、かなり高機能でSNMPで吐き出す情報も豊富ですが、
今回も「これくらいは」程度の範囲をカバーしています。

テンプレートの内容としては、

■アイテム
トラフィック(IN、OUT)
CPU使用率
メモリ使用率
HAステータス
リクエストHTTP数
TCPクライアントコネクション
TCPサーバコネクション

■トリガー
Portの死活監視(1-6)
HAステータス変化

■グラフ
トラフィック(IN、OUT)
CPU使用率
メモリ使用率
リクエストHTTP数
TCPクライアントコネクション
TCPサーバコネクション

という感じです。
需要があんまり無さそうですが…。

もちろん、使用は自己責任でお願いします。
ダウンロードは以下から。

Tempate_NetScaler-zabbix_export.xml

また何か作ったら順次公開していきます。
posted by qphoneyとかiaraとか at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Zabbix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

AlliedTelesis CentreCOM GS924MのZabbix用テンプレート作りました

なんだか色々ありまして、ZabbixからL2スイッチ(GS924M)を監視する事になりました。
SNMPを利用して、L2スイッチのトラフィックやらCPU等のリソースを監視しようと思ったのですが、
Zabbixが用意している監視のテンプレートに今回のL2スイッチ、GS924Mは入っていませんでした。
無いなら作る、という訳でテンプレートを作ったので公開してみます。
テンプレートの内容としては、

■アイテム
トラフィック(IN、OUT)

■トリガー
Portの死活監視(1-24)

■グラフ
トラフィック(IN、OUT)

と、なっています。
基本的なところしかカバーしていないので、後は環境に合わせてカスタマイズして下さい。
もちろん、使用は自己責任でお願いします。
ダウンロードは以下から。

Template_GS924M_snmp-zabbix_export.xml


近いうちに、NetScaler用のテンプレートも公開する予定です。
こーゆーのって、zabbix-jpにあげた方がいいのかな?
posted by qphoneyとかiaraとか at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Zabbix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

hbstudy#7に参加してきました

hbstudy#7に参加してきました。
前回に続き今回で2回目です。
ちょっとは報告できる形になったかな?
誤字脱字とか内容に間違いあったらつっこみ下さい。
では早速。

■雑感
会場が大きくなって人も増えて、無線LANのキャパ越えしてしまったのかな?
かなり回線が遅くなって、Twitter中継もちょっと厳しい状態w
→回線自体はe-mobileらしく、100人近くの参加者が使う(全員ではないよ)かなり可哀想な感じ。

■本題
Google App Engine(GAE)の勘どころ 柴田 淳さん
    GoogleModerator
        web投票用集合知アプリ
            オバマさんが使ったよ
            オンラインで投票とか討論ができるよ
            衆院選2009もGAEを使っていたよ
            ついったーの全裸botもGAE(Python)で書かれているよ
    GAE as PaaS
        おさらい
            AmazonAWSはIaaS
            Google AppsはSaaS
            上記2つの中間がGAE(PaaS)
                WindowsAzureもそうだよ
    GAEの構成
        ソフトウェア
            BigTable(Datastore) →Python
            負荷分散の為のソフトウェア →Java
    GAEを使う
        簡単!初期費用はかかりません!
            課金対象はCPU使用時間とかトラフィック、メールの受信者数とかで課金するよ
        サーバのセットアップは不要
            クラウドだからね
        OSなど低レイヤー部分の運用が不要
            でもアプリケーションの監視は必要だよ
                信頼性の高いGoogleのサービスを無料で使えるのは素敵だよね
    GAEはスケーラブル
        DBはKVSだよ
        冗長化の仕組みは内蔵してるよ
        負荷に合わせて勝手に増えるよ
    GAEは自社のSaaSを上手に使ってるよ
        検索とかGmailとかその他諸々

    勘どころ(Datastore)
        KVS型でRDBは使ってない
            アンチ正規化(しない方がよい)の方がパフォーマンスがでるよ
        GQLっていう簡易SQLがあるよ
    Datastore vs RDBMS
        joinのような機能は非搭載
            joinはボトルネックになりやすい
        単一クエリを高速に = スケーラブルなシステム
        serial型がないよ
            テーブルロックはボトルネックになりやすいよ
                そりゃそうだ
        ロックの機会を最小限に = スケーラブルなシステム

(´-`).oO(joinはボトルネックになりやすい。テーブルロックはボトルネックになりやすい。これってKVSに限った事じゃなくて、RDBでも言える話なんだろうな)

        非RDBMSは怖くないよ
            なんか「おっぱいは怖くない」みたいだなw
        ObjectStore
            Amazonとかで使ってるよ
        Cache(キャシェ)
            説明終わっちゃった…

    是非Pythonを使ってみて
        シンプルだよ
        予約語の数が他の言語に比べて少ないよ
            シンプルだけど奥が深いよ、Python
    Googleの使う言語Python
        Google内のコードの約30%はPythonらしい
        GAEでも使えるから世界的にPythonユーザが増えてるらしい

    まとめ
        GAEの利点と欠点
            利点
                信頼性が高い
                    Googleのソフトウェア、インフラを利用できるよ
                    実績があるよ
                スケーラブルでシンプル(チープ)
                    スケーラブルなWebシステムを構築するための費用対効果が高い
                多くのアクセスを集めるサイトに向くよ
                運用が手軽だよ
                    構築、管理が不要
                開発、デプロイが手軽だよ
                    手元の開発環境でテスト、デプロイ
                IDEで開発できるよ
            欠点
                非RDBMS
                    RDBMSが文脈が活用できない
                    uniq属性、serial型とか組み込んでないよ
                    トランザクション処理とかも自分で実装しないといけないよ
                Googleと心中しないといけない
                    匿名性の高いデータは扱いが…
                    内部統制とか
                    可用性、ダウンタイムとか見えない
                    インフラを設計していないが故の問題
                箱庭
                    利用ライブラリは制限あるよ
                    外部にsock通信が制限あるよ
                    長時間CPUを使うリクエストは途中でキャンセルされる
                        !?
                    その他諸々
            まとめ
                制限をかけた箱庭の中で使えるものを使って…
                    見れなかった…


休憩

システムの命綱、バックアップ(仮) 坪井義浩さん
    バックアップってなーに?
        データのコピーを取っておいて問題が起きても復旧できるようにそなえておくこと
            最近ではH/Wが壊れにくいから人的作業ミスに対応するよ
                確かにw
    増分バックアップと差分バックアップの違い
        これは知ってるぞ
    増分バックアップと差分バックアップリストア方法
        これも知ってるぞ
            結構やさしめな内容だな
    Amandaの紹介
        OSSのバックアップソフトウェア
        BSD、GPLライセンス
        新しいバージョンはAmazonS3にバックアップを取る事も可能
            へー
        大抵のディストリには標準パッケージで入ってるよ
        でも日本語の情報はかなり少ないよ
            書籍はOraellyくらい。しかも品薄。ワロタw
        Amandaは/etc/hostsファイルを見るから結構重要で見落としがち
            へー
        結構設定ファイルを書くのもめんどいよ
    データベースのバックアップ
        みんなバックアップしてるよね
        しかも大概商用ソフトウェアを使ってるよね
    ZmandaRecoveryManagerの紹介
        RDBMS用のバックアップソフト
        ぱっと見た感じかなりの高機能
        Perlで書かれてるよ

あー、全然まとめられなかったー。
今度はもっとしっかり準備してまとめられるようにします。
Twitterもちゃんとクライアントを選ばないとなー。
詳細はそのうちプレゼン資料をSlideShareとかで公開してくれると思うのでそちらに期待
posted by qphoneyとかiaraとか at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。