2011年08月18日

退職しました in 2011 Summer

2011年8月15日付けで、某八百屋さんを退職しました。
ぴったり1年くらいお世話になった気がします。
色々と書きたい事があるのですが、何かとネガティブな方向に走ってしまいそうなので止めておきます。

次の職場は新宿近辺の小さなベンチャー企業になりそうです。
ラベル:転職 八百屋
posted by qphoneyとかiaraとか at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

入院してきました

ちょっくら入院してきました。
憩室炎という病気らしく、手術は必要なかったのですがしばらく絶食が続きました。
無事に退院出来たので、今回の入院騒動をまとめてみます。

まずはタイムラインから。


・3月15日(火)
 下腹部に違和感を感じるも通常業務

・3月16日(水)
 朝から腹痛発生
 終日痛みが収まらず、妻の勧めで仕事が終わった後に(夜間)病院へ
 虫垂炎の疑いが強いのでそのまま入院
 本人ひどく怯える
 とりあえず絶食
 最後に食べたのはアーモンドチョコレート2粒

・3月17日(木)
 検査の結果、憩室炎という事が判明
 手術の必要は無いがしばらくの間絶食(水もダメ)確定
 点滴生活のスタート
 大部屋が空いていないという事で個室で1日過ごす
 点滴スタンドが相棒
 第一次空腹ピーク
 個室一泊¥23,000也

・3月18日(金)
 大部屋に移動
 点滴スタンドを抱えて未だ絶食中
 第二次空腹ピーク

・3月19日(土)
 経過良好
 血液検査の結果、食事を再開しましょうとの判断
 IYH!!
 昼ご飯から食事再開(5分粥)
 食事が再開したので点滴生活の終焉
 IYH!!

・3月20日(日)
 食事が7分粥にUpgrade!!
 朝と夕方に抗生剤の点滴があるがそれ以外は自由生活
 食事に肉(鶏肉)が出てテンションMAX
 メンチカツが食べたくなる

・3月21日(月)
 以前に増して元気になる
 義父と義母がお見舞いに来てくれる
 入院後、初シャワー
 二郎が食べたくなる

・3月22日(火)
 血液検査の結果、経過良好という事で退院
 手続きをして無事退院



せっかく貴重な体験したので入院に必要なもの、必要ないものを考察してみました。
 ※個人の経験に基づくものですべての入院パターンに当てはまるわけではありません。
  病院ごとにサービスや制度、文化は異なるので資料やスタッフの方に良く確認して下さい。


■必要なもの
・お金
元も子もないですが、やっぱりお金は必要です。
入院するには前金的なものがあります(病院によって異なる)。
僕の場合(戸田市の大きな病院)、5万円が必要でした。
入院にかかった費用を前金から差し引いて余っていたら退院時に戻ってくる仕組みです。
入院生活で必要なお金は病気や怪我の症状にもよるのでなんとも言えないですが、あまり大金は必要ありません。
病室の入り口には基本的に鍵をかけられないので盗難には注意が必要です。
簡単な金庫(プライベートボックス)的なものはありますが、心も休めるという意味ではあまり手元に置かない事をオススメします。
結婚指輪を盗まれるケースもあるそうです。


・身の回り
病院も患者さんに向けて色々とオプションサービスを提供してます。
1日数百円程度で着るものからタオル類まですべて用意してくれます。
洗濯する手間がないのでとても便利です。
また、入院出来る病棟を持っている病院には売店がだいたいあります。
そこで必要なものは現地調達する事も可能です。
自宅から必要な物を持ち込む場合は、一度売店に寄ってみてリサーチする事をオススメします。
体を拭く、顔を洗うなどにタオルは必要なのでたくさんあると便利だと僕は思いました。


・ビニール袋
着替えやタオルを入れるビニール袋があると便利です。


・枕とかクッション
ベッドの上にいる時間がかなり長いので、ベッドを可能な限り最適空間にします。
病院側に確認が必要ですが、特に枕は持ち込みをオススメします。
病院の枕も良いのですが、普段から使い慣れている枕の方が体も楽ですし良く眠れます。
また、長時間寝ているのでクッション等で腰枕を当ててあげるとかなり楽になります。


・箸とスプーン
病院からは箸やスプーンは提供されません。
お粥を食べるのにスプーンが必要なのでお忘れなく。


・服用している薬(服用していれば)
病院が薬を出す際に必要になってきます。


・イヤフォン
必需品と言っても過言ではありません。
テレビを見る時、音楽を聞く時、周りがうるさくて眠れない時、かなり重宝します。
あまりケーブルが長いと逆に邪魔になってしまうので1〜1.5mくらいがベストです。


・あらゆる充電器と電源タップ
僕達は大量のガジェットやノートPCを常に携帯しています。
病室のベッド付近に電源の口が必ずありますが、ケーブルが届かない場合があります。
体を動かす範囲を最小限にする為には電源タップ(1mくらい)があると便利です。


・通信端末
テザリングが可能な端末を持っている方は必要ないのですが、持っていない方はe-mobileやwimax等の通信端末を持っていく事をオススメします。
自信の状況をブログにアップする事も出来ますからね。
UstやYoutubeで暇つぶしも可能になります。


・タンブラー
正確には蓋が出来る耐熱コップです。
病院では温かいお茶が配られる事が多いので耐熱の方が安心します。
お茶を入れて放置する場合もあるので蓋があると更に安心です。
僕はしっかり蓋が出来るタンブラーを持ち込んで大変重宝しました。
また、タンブラーだと見た目が良いという利点もあります。
MacBookとタンブラーを片手に休憩室のテーブルに座れば、そこは途端にオシャレなカフェに早変わり。
タンブラーはオススメですね。


・勘違いしない強い心
ナースの皆さんは献身的に介護してくれますが、それは仕事です。
冷静な判断をお願いします。


■必要ないもの
・バスタオル
シャワーやお風呂に入れるのは退院間近です。
お風呂の必要性を感じない方も必要ありませんね。


・上着
病棟は気温、湿度ともに管理されています。
冬場でも病棟を出ない限りはそれほど寒くありません。
上着は1枚あれば十分です。


・幻想とか妄想
ピンク色のナース服とか、夜中にこっそり話しかけてくるナースはモニターの中にしかいませんのでご注意を。


あくまで僕の体験に基づくものですので、詳しい事、不明な点は病院に確認してみて下さい。
それでは楽しい入院ライフを!(不謹慎ですね…)



最後に、僕を無理やりにでも病院に連れて行ってくれた妻に心から感謝します。
ラベル:ブログ 病院 入院
posted by qphoneyとかiaraとか at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

お仕事が決まったかも知れません

今、派遣社員として働いている会社(某web八百屋)に就職が決まったかも知れません。
先日、役員面接を終えて、会社側としては是非働いて欲しいとの回答をいただきました。
ありがたいこってす。
このまま特に問題がなければ正社員として働く事になると思います。
もう少しだけ無職を楽しむというか、色々な会社を見てみたかった気もしますが。

もう少し状況も含めて報告したいところですが、酔っ払っているのでこのへんで。
posted by qphoneyとかiaraとか at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。