2009年10月28日

VMware Virtualization Forum 2009 講演資料がダウンロードできるようになりました


先日参加してきたVMware Virtualization Forum 2009ですが、セミナー資料が公開されました。
期間限定といううわさなので、ご興味のある方は早めにダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

VMware Virtualization Forum 2009 講演資料ダウンロード期間限定ページ
posted by qphoneyとかiaraとか at 15:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

VMware Virtualization Forum 2009行ってきました

VMware Virtualization Forum 2009に行ってきました。
参加した感想とセミナーの内容を備忘録的に記録しておきます。




VMware vSphereパフォーマンスベストプラクティス

・vSphereになってかなりパフォーマンスが上がったよ!
ESX2.xの頃はオーバーヘッドが30%ー60%あったよ
 →ESX3.5では10%ー20%までがんばったよ
  →vSphere4では2%ー15%までがんばったよ
   すげぇ!
   IOPSではESX2.xの頃から約40倍までがんばったよ
   すげぇ。つーか、昔がしょぼすぎ
   ディスクI/Oは...やっぱり外出しのストレージを使うのが前提
   前提条件を満たせばかなりのパフォーマンスを叩き出すよ
   やっぱりストレージのお金かかるね。しかも、持ってきたデータが第三者機関じゃない
   自分たちのトップスコアを持ってきてるね
   ものすんごい高いハードウェアを使えばこれくらいのスコアは出るだろうなぁ

・CPUは最新のものに
CPU自体が仮想化環境をサポートしているので、最新のCPUを使った方がパフォーマンスは良い
 →そりゃそうだ
  でも、確かにCPUが仮想化時代に追いついてきた感じはあるな

新しいサーバのBIOSは必ず設定を確認する

ハイパースレッドは有効にするのが推奨
 →パフォーマンスアップ(最適化)する

NUMAが有効になっている事も確認
 →パフォーマンスがアップ(最適化)

Node interlivingは無効に

電力管理の部分も要チェックや!

Apacheに限っては、1仮想マシンにCPUを増やすより、1CPUの仮想マシンを増やした方がスケールする
 →効率的にCPUを使用できる

DBなどのディスクI/Oはやっぱり重い

・メモリ
オーバーコミットできるのは、メモリを使用していない仮想マシンのメモリ領域をスワップアウトさせているらしい

NUMA Nodeに収まる構成で仮想マシンを構成する
 →大きなメモリを設定すると若干パフォーマンスがダウンする

・ネットワーク
新しいNICを使いましょう
 →NICが高性能になって、ハードウェアオフロードがあるNICを使った方がやっぱりいい

ゲストOSではvmxnet3が推奨

ストレージ
基本的には色々な機能も使えるのでVMFSを推奨
 →クラスタリングや特殊な機能を使う場合以外はVMFSを使った方がよい

Eager zeroed(ディスク領域を先に確保)が最高パフォーマンス

LSIlogicまたはBusLogic
 →ゲストOSが選択するものを利用する
  それほど大きな違いはない

・ベンチマーク
VMmarkを使ってね
 →仮想化技術株式会社の社長さんが言ってたけど、あんまり信用しない方がいいって言ってた
  あくまで本番を想定している風のベンチマークだから、本番のデータではない
  seleniumとか使って本番データを取得した方がいいよって言ってた
  VMmarkはあくまで参考くらいが丁度いいのかも



vSphere 4 Storage Technical Deep Dive Part2
後でPDF配布するらしいよ!やったね!

・Device Naming in ESX4.0
パス表記のおさらいとかしてるけど、実質あまり意識もしないし興味もない話だった...
あー、でもストレージを外に出してどこのボリュームと接続しているか確認する場合は有用か。

かなりエンタープライズな内容だった
技術セッションであれば、動作デモがあった方がわかりやすいんだなーって思った
これは自分自身でも言えることで、話を聞きにきているお客さんはある程度知識がある前提だから
あとは言葉と資料と動作デモがあると、より一層理解が深まるんだと思う。
これからどこかの勉強会に出る時は、どんなにショボくてもデモを用意しよう。


席が後ろの方だからまったく見えないでござる



構築担当者のためのvSphere仮想スイッチ設計
スピーカーの方が会場に質問してたが、ネットワーク担当とホスト側担当とどちらが多いか調べてた。
どちらかというと、この会場にはホスト側担当者が多いらしい。

仮想スイッチはSTPをサポートしない
 →やったことないから知らなかった
  覚えておこう


でも、ほとんど知ってる内容だぞ
VMwareを本番環境で複数運用して苦労したことがある人は知ってる内容
知らない人への説明だから、これはこれで復習(確認)になって良いな
自分が過去に設計した内容がなんとなく合ってるのが確認できた


という訳で、VMware Virtualization Forum 2009の視察は終わりました。
目新しい技術が発見できなくてちょっと残念だったな。
タグ:VMware 仮想化
posted by qphoneyとかiaraとか at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

CEATEC2009 視察にいってきました

あまり仕事と直接関係ないCEATECですが、個人的に興味があったので参加してきました。
最終日前日の午後に行ったのですが、結構な人の入りでした。
僕なりに見てまわった感想を書き留めておきます。


■iPhone使えない(電波的に)
Twitterで都度思ったことや撮った写真をアップしようと思っていたのですが、
SoftBankの回線がパンクしているのか、まともに通信できませんでした。
最初はTwitterが重たいのかな、なんて思ってたらtamatukurikeiさん(情報サンクス!)に
「会場近辺の回線がしんでいる」というReply一言でなっとく。
iPhoneは通信できないと使い物にならないという事がわかりました(収穫)。


■テノリオンは面白い
誰でも音楽デバイス、テノリオンのデモをやっていた
これはおもしろい。
すっげー触りたい。
ちょっと複雑だけども、慣れたら面白いと思った。
欲しい。


■CELL REGZAきれい
遠くから見たらよく分からなかったけど、近くで見るとすんごい綺麗。
なんというか、細かい。
でも逆に目が疲れそうだなとも思った。
テレビにCELLが搭載されたってことは...という続きが思いつかない。
複数の画面を表示したり、データ放送をフルHDで表示したり、それぐらいじゃね?
CELLの本気ってそんなもんなの?って思った。
現状のテレビというメディアのインフラでは、これが精一杯なのかな。


■NetWalker残念
実際触ってみたら、思ってたより残念な感じ。
スピードが遅いのは触る前から分かっていたが、GUIが重い。
UbuntuのアニメーションをOFFにすれば良いのだろうけど。
キーボードも親指で押すにはちょっと大きい。
手の指全部で推すには小さすぎ。
デコNetWalkerも展示してあったけど、だれが買うんだろ。
製品自体は悪くないし、リナザウの再来と考えれば面白い使い道があるかも。
でもこのご時世じゃあねぇ。


■村田製作所ブース ひといっぱい
すべてのブース(をまわったつもり)の中で一番人が多かったのが村田製作所のブース。
おそらく、村田せいさく君とせいこちゃん目当てだろうけど、とにかく人が多い。
びっくりした。なんで多いか分からない。
生で見たかったけど、時間の都合もあり断念。


■VAIO Xもひといっぱい
今回の ちょっと目玉。
実際に触ってはいないけど、遠目から拝見。
これもかなりの行列(20人くらい)。
かなり薄くて、実際に持った人の顔が「おお!」ってなっちゃう程軽いのだろう。
触ってないので、スピード感や操作感はわからない。
これも並んでいる時間がなかった。残念。


■うまい棒いっぱいもらったw
コーンポタージュ味いっぱいもらったw
もらって袋に入れて、もらって袋に入れて、気が付いたらいっぱいになってたw



と言うわけで、今年のCEATECは楽しく終わりました。
(諸々の事情で時間もゆっくりとれなかったけど)

正直なところ、コレといった目新しい技術(収穫か)はありませんでした。
既存の技術を工夫して、便利に新しく見せてる感じでした。
それはそれでとても大切な事ですけどね。

来年のCEATECはどんな面白いモノが出てくるか、今からが楽しみですね。
posted by qphoneyとかiaraとか at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。