2009年11月04日

VMware ESXi4 にパッチをあてる

諸事情により、VMware ESXiを仕事で使うことになりました。
以前、Vmware ESXiを使った事があるので特に意識せずにインストールまで完了。
さて、パッチ当て作業です。
 
色々Webを調べたり、公式のマニュアルを見たりしていると、RemoteCLI的なものを別途インストールして
パッチをあてる必要があるみたい。
だけど、今回はESXi4に同梱されているvSphere Clientにインストールする際に
vSphere Client Host Update Utilityなるツールも一緒にインストールしていました。
なので、今回のパッチあて作業はこのツールからやってみようと思います。
 
クライアントPCはWindows XPです。
もちろん、作業は自己責任でお願いします。
 

まずは、ESXi4をメンテナンスモードに移行します。
その後、
 
スタート → プログラム → VMware → vSphere Client Host Update Utility4
起動するとこんな画面が出てきます。
インターネット経由でパッチをダウンロードできるらしいので使ってみます。

 update02.png
 
パッチのスキャンを押下
今回は5個のパッチが検出されたようです。

update03.png

早速パッチ処理
詳細が表示されます。
全パッチをあてたいのでこのままインストールします。

update04.png

処理が実行されるので、しばし待つ。

update05.png

処理が完了しました。
急にサーバが唸り声を上げて再起動します。

update06.png

再起動後、バージョンが上がっているのと、他のパッチがないか確認します。
どうやら大丈夫なようです。

update08.png
 

後は、メンテナンスモードを終了させて作業が完了です。
お疲れ様でした。
 
 
調べてみたら、こちらのサイトで詳しくパッチあてとアップグレードの方法が載っていました。
先人の知恵に感謝!
VMware ESXi 4 - ちっこい日記
http://d.hatena.ne.jp/Tikkoino/20090522/1243012057
 
posted by qphoneyとかiaraとか at 23:09| Comment(1) | TrackBack(0) | VMware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。